結婚式招待状・席次表・席札の格安印刷、プチギフトはブルーアンドホワイトへ 1万円以上の購入で送料無料

◇◇◇ 大切なお知らせ ◇◇◇

誠に勝手ではございますが、招待状セットの返信葉書の材質が一部変更となります。(デザイン変更はございません)
変更になる葉書は、Blue&Whiteオリジナル葉書(3種選択制分)です。
現在庫が無くなり次第、順次切り替えとなりますので、ご了承の程お願いいたします。
尚、事前にサンプルを取り寄せられた方は、お手元のサンプル素材と、異なる材質のものが届く可能性がございますので、気にされます方は事前にお問い合わせくださいませ。

結婚にまつわる身だしなみ・服装のマナーとは?

意外と知られていなかったり、いまさら聞けない結婚にまつわる「服装マナー」問題。
ご両家への挨拶はどのような服装でいけば良いの?
友人の結婚式に出席するために何を準備をしたら良いの?
大切なのは事前準備です。
直前にバタバタしないためにも余裕をもって準備に取り掛かりましょう。

相手の両親へ結婚の挨拶をする際の服装マナー

相手宅への訪問は第一印象が肝心です。
当日の服装は清潔感のある身だしなみに心掛けましょう。

男性は落ち着いた紺やグレーのスーツで。
ワイシャツやネクタイは派手な色を避けます。
ピアスや指輪などのアクセサリー類は外し、髭もきれいに剃りましょう。

女性は清楚で控えめな印象のワンピースやスーツがよいでしょう。
髪も明るすぎるカラーは避け、派手なアクセサリーも控えます。
派手なメイクやネイルアートもNG。

男性も女性も足元に気を配りましょう。
革靴、パンプスとし磨いていくことを忘れずに。

結納および両家顔合わせの服装マナー

ご両親への挨拶時と同様にカジュアルすぎない服装に心掛けます。
お相手のご両親に自分の両親を紹介する立場であることを第一に考えましょう。

男性は落ち着いた色合いのスーツ。
ワイシャツやネクタイも派手な色や柄物はNG。
髪は清潔感のある髪型・髪色にしておきましょう。

女性もワンピースやスーツにし、アクセサリー類や派手なネイルは避けます。
お座敷の場合は正座をするためスカート丈には注意が必要です。

ご両親・兄弟については両家で同じ程度の装いになるのが良いでしょう。
事前に打ち合わせをしておきましょう。

挙式、披露宴へ招待された際の服装マナー

◎両親
ホテルや専門結婚式場などの格式の高い会場では「正礼装」とされています。
父親は和装なら紋付羽織袴。
洋装であれば、午前から夕方までの挙式・披露宴でしたらモーニング。
夕方以降の場合はタキシードで。
レストランなどのカジュアルな会場の場合は、「準礼装」を。
タキシードやスーツでOKです。

母親は「正礼服」であれば黒留袖か黒のロングドレス。
カジュアルな会場では色ロングドレス、アンサンブルスーツを着用されることもあります。

結婚式場やホテルなどで貸衣装を利用してもよいでしょう。
大切なのは両家がバランスのとれた装いであることです。
事前に両家で話し合いをもつと良いでしょう。

◎兄弟姉妹
スーツやワンピースなどの洋装を着用する方が多いようです。
姉妹で既婚者の場合には黒留袖を着ることもあります。
未婚者は色留袖や振袖、洋装ならワンピースで。

◎その他親族
結婚式で親族が一番意識しなければならないのは、ゲストをお迎えする側であることです。
男性ならディレクターズスーツかブラックスーツ。
カジュアルウェディングならダークスーツを着用しましょう。
女性の場合は和装なら黒留袖。
洋装ならブラックドレスやワンピースを。
羽織物やパールのアクセサリーを合わせ、品のある着こなしを工夫すると良いでしょう。

◎友人(男性)
フォーマルな服装がマナーです。
明るい色のスーツなどは新郎と被る可能性のある服装は控えます。
靴下はミドルの黒色が基本です。
結婚式・披露宴はあくまで、新郎新婦が中心です。
必要以上に目立つ服装や、お祝いの場として相応しくない服装は控えましょう。

◎友人(女性)
挙式に参列する際、肌の露出はNGです。
袖付きのワンピースやツーピースがふさわしいでしょう。
ノースリーブのワンピースなどには必ずボレロやショールなどの羽織物を合わせましょう。
また、女性の場合は白色を着ることはタブーとされています。
あくまで主役は新郎新婦です。
ウエディングドレスの白色と被ることがないようにご注意を。

和装を選んでもよいでしょう。
未婚女性が振袖で出席すると会場が華やかになると喜ばれることが多いです。

二次会へ招待された際の服装マナー

二次会の服装は結婚式よりはドレスダウンしてよいという考えもあるでしょう。
しかし、挙式・披露宴会場から直行する方もいますので、二次会だけに参加する方があまりに砕けた服装をしていると、周囲との調和がとれずに浮いてしまうこともあります。
また、カジュアルすぎる装いは新郎新婦に対して失礼になりかねません。
会場に合わせて、フォーマル・セミフォーマル・カジュアルと装いを選ぶとよいでしょう。

◎男性
基本的にはスーツかフォーマルなジャケットを着用するようにしましょう。
シャツは、白もしくは白に近い色のシャツを選びましょう。
黒色のシャツは避けるのが無難です。
新郎新婦が上司や先輩ならネクタイ着用が無難。 ノータイの場合はビジネス用のワイシャツだと寂しいので、オシャレなものを選びましょう。

ここで注意しなければいけないのは
招待状に「平服でお越しください」と記してある場合。

タキシードなどの正装の必要はないという意味で、スーツやジャケットなどのきちんとした服装を指しています。
平服=普段着だと誤解してはいけません。
「ジーンズ」「短パン」「Tシャツ」といった服装は厳禁です。
靴は革靴にすると良いでしょう。

◎女性
第一に主役は新郎新婦であると考えること。
女性は膝下丈のセミドレスやワンピースが一般的です。
二次会の場合も、ショールやカーディガンを羽織るなどして肌の露出は控えめに。
素足や厚手のタイツはよろしくありません。
肌色のストッキングがよいでしょう。
靴もカジュアルなサンダルやミュールは避け、パンプスを合わせましょう。

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が定休日です。


休日は予告無く変更になる場合がございますのでご了承ください。

お電話対応時間:平日 午前10時~午後5時

メールフォームおよび、公式LINEからのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、こちらをどうぞご利用下さい。
また、営業時間外または定休日にお受けした問い合わせについては、翌営業日以降の対応となりますので、あらかじめご了承ください。



Copyright ©ペーパーアイテム専門店 Blue&White All Rights Reserved.